ホテル若草 広島駅から徒歩3分のビジネスホテル

ホテル若草

082-262-6673
hotelWakakusa

妖怪伝説巡りコース(稲生物怪録)

暖かくなりましたね~。バイク通勤も苦にならない季節になりました(*^^)v

さて、本日は私も初めての『妖怪伝説巡り(稲生物怪録)』をご紹介します。実は広島駅付近の観光コースを調べていたら妖怪巡りというキーワードをちょいちょい見つけており、興味はありましたがコースを見てみると結構距離があったので敬遠していましたm(__)m

まずは『稲生物怪録』(いのうもののけろく、いのうぶっかいろく)は、江戸時代中期の寛延2年(西暦1749年)に、備後三次藩(現在の広島県三次市)藩士の稲生武太夫(幼名・平太郎)が体験したという、妖怪にまつわる怪異をとりまとめた物語。

著者は柏生甫であり、当時16歳であった実在の三次藩士、稲生平太郎が寛延2年7月の1ヶ月間に体験したという怪異を、そのまま筆記したと伝えられている。あらすじは、肝試しにより妖怪の怒りをかった平太郎の屋敷にさまざまな化け物が30日間連続出没するが、平太郎はこれをことごとく退け、最後には魔王のひとり山本五郎左衛門から勇気を称えられ木槌を与えられる、というものである。平太郎の子孫は現在も広島市に在住、前述の木槌も國前寺に実在し、『稲生物怪録』の原本も当家に伝えられているとされる。現在は、三次市教育委員会が預かり、歴史民俗資料館にて管理している。稲生武太夫の墓所は広島市中区の本照寺にある。(Wikipediaより

このコースは歩いていくのではなく、レンタサイクルを借りことをオススメいたします。

それではいってみましょう♪

ホテルから徒歩で10分にある國前寺(こくぜんじ)です。國前寺については七福神めぐりでも紹介しましたが、妖怪退治で有名な“稲生武太夫化物語”の主人公・稲生武太夫(幼名・平太郎)は、妖怪の大将・山本五郎左衛門からもらった木槌を広島浅野藩の菩提寺である國前寺に預け、以来、寺宝となったとされています。※画像はありません。

DSC_0008 DSC_0012 DSC_0015

2番目はホテルから徒歩で行くと15分、路面電車で行く場合は「広島駅」~「的場町」電停下車から徒歩4分で河童登場です。(大正橋付近)

河童伝説:広島県では、河童をえんこうと呼んでいた地域が多く、中国四国の各県や福岡県、大分県も同様です。いずれも室町時代まで大陸との交流が盛んであった地域であり、漢字表記が”猿猴”であることから、語源が大陸渡来と言われています。これら地域のえんこうにまつわる民話は千差万別ですが、その容姿等には多くの共通点があります。背は子供並みで、手は長く猿に似ており、頭上に水皿を持つものもいます。一般に力持ちで相撲好き、いたずら好きで水辺につないだ馬を引っぱるとの言い伝えもあります。金物が嫌なこと、人に化けたり人を溺れさせたりするのですが、たまには人助けすること、また、間抜けなところもあってにくめない存在で、鬼のように嫌われるだけの存在ではないようです。

毎年9月に河童まつりが催されており注目されているそうです。

河童のマスコットの他、説明文や原爆記念碑があります。

DSC_0070 DSC_0071 DSC_0072 DSC_0074

河童のマスコットと猿猴橋は距離があります。猿猴橋の画像はこちら

猿猴橋は広島市管理の現存する橋梁のなかでは市内最古。被爆橋梁の一つです。DSC_0053DSC_0054

最後の妖怪巡りは河童から徒歩で15分です。

路面電車で行く場合は、「的場町」乗車「稲荷町」下車すぐです。(広島駅から乗る場合は、5番以外に乗車して稲荷町で下車してください)

稲生神社は豊受大神や大國主命と併せて稲生武太夫を御祭神として祭っている。町名と違う理由は諸説あり定かではありません。17世紀初頭に創建されたが原爆で全て焼け、再建されました。後にビルの建設で、当初の位置より少し東寄りに再々建されている。昨今の妖怪ブームで前述の荒俣宏や京極夏彦、水木しげるも調査に訪れています。

DSC_0055 DSC_0057 DSC_0058 DSC_0059 DSC_0060 DSC_0061 DSC_0062 DSC_0064 DSC_0065 DSC_0066 DSC_0067 DSC_0068 DSC_0069

私は、自転車で廻りましたが広島駅→河童→稲生神社の順30分強で廻れました。広島駅周辺の散策や先日紹介した、七福神めぐりは自転車でゆっくり廻られたほうがいいかもしれません。

稲生神社は路面電車からは見ていましたが、上記のように妖怪伝説や著名人が訪れるスポットとは知りませんでした。う~ん、勉強不足ですm(__)m

私もまだまだ知らない観光スポットを探してお伝えできればと思います(#^.^#)

 

投稿者 支配人 佐藤

店・スポット名 妖怪伝説巡りコース(稲生物怪録)
カテゴリー 観光名所
ジャンル
エリア 広島市安佐南区
住所 広島市南区稲荷町2-12(稲生神社)
電話番号
営業時間
URL

大きな地図で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)