ホテル若草 広島駅から徒歩3分のビジネスホテル

ホテル若草

082-262-6673
hotelWakakusa

明星院 七福神:毘沙門天

DSC_0097

鶴羽根神社から徒歩2分にある明星院に行きました。

明星院は、毛利輝元が母の位牌所として建立した妙寿寺(院号 明星院)でしたが、福島正則が、寺領二百石を附して祈祷寺を命じました。その後の浅野時代でも、御城の鬼門にあたることで、領内鎮護の祈祷所と定められました。又、始祖長政とその夫人の位牌を安置したことで、更に寺領を二百石賜ることになりました。天保6年(1835年)、第9代藩主浅野斉粛(なりたか)が境内の西側に始祖長政公の御霊(みたま)を祀るため饒津神社を造営。以後、明星院は饒津神社の別当とされました。昭和20年(1945年)、原爆ですべての建物が焼失してしまいました。現在の建物は昭和49年(1974年)に再建され、堂内には広島浅野藩の分家にあたる赤穂義士四十七体の木像が安置されています。

入口付近には案内図や明星院大壇主 八木兵衛翁の銅像があります。

DSC_0103 DSC_0101 DSC_0102 DSC_0064 DSC_0065 DSC_0066 DSC_0067 DSC_0068

通路の右に護摩堂(不動堂)があります。

DSC_0076 DSC_0070

護摩堂の右にお目当ての七福神毘沙門天があります。

DSC_0071 DSC_0072

毘沙門天は、こわい顔をして身を甲冑で固めていますが、私たちの外の敵から守ってくださる優しい神さまです。右手に財福を生み出す宝棒を持ち、左手に捧げる宝塔は、災難を取り除き、限りない幸福を生み出すと云われています。

毘沙門天の脇道から入ると、なんと七福神堂があり、ずらりと七福神があります。

DSC_0075

さらに進むと、水掛け不動尊があります。

DSC_0074

護摩堂の左には銭洗い不動明王があります。「ある時の倹約 ない時の辛抱」深いですが、なかなかできませんが不浄を洗い清めることを心に置いておきますm(__)m

DSC_0079 DSC_0080

護摩堂から進むと中門があり、そこには風神・雷神がお出迎え。数年前までは、焼きついた仁王が安置され、門自体も通路部の屋根が無く、阿と吽が分断されたようになっていたが、再建されたようです。

DSC_0081 DSC_0083 DSC_0082

中門をくぐり境内右へ行くと銅製の子安観音像・六地蔵尊・子授け地蔵菩薩・子育て地蔵尊・水子地蔵菩薩と続きます。

DSC_0084 DSC_0085 DSC_0086 DSC_0089 DSC_0090 DSC_0092 DSC_0091DSC_0093

境内には被爆の松・被爆のイチョウがあります。

DSC_0087 DSC_0088DSC_0098

最後に本堂に到着です。本堂内には赤穂義士木像があるそうですが画像はありません。

DSC_0097 DSC_0095 DSC_0094

境内は手入れされており、すがすがしい気持ちになりました。

DSC_0099 DSC_0100

七福神、残すところあと1つ数日に分けて廻りましたがとても気持ちが晴れてくる七福神めぐりだったなーと感慨深い気持ちになりながらも、あと1つそのままの足で廻っちゃいます♪

投稿者 支配人 佐藤

店・スポット名 明星院 七福神:毘沙門天
カテゴリー 観光名所
ジャンル
エリア 広島市東区
住所 広島市東区二葉の里2丁目6-25
電話番号 082-261-0551
営業時間
URL http://myojyoin.com/myojyoin.html
DSC_0064DSC_0065DSC_0066DSC_0067DSC_0068DSC_0070DSC_0071DSC_0072DSC_0074DSC_0075DSC_0076DSC_0078DSC_0079DSC_0080DSC_0081DSC_0082DSC_0083DSC_0084DSC_0085DSC_0086DSC_0087DSC_0088DSC_0089DSC_0090DSC_0091DSC_0092DSC_0093DSC_0094DSC_0095DSC_0096DSC_0097DSC_0098DSC_0099DSC_0100DSC_0101DSC_0102DSC_0103

大きな地図で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Optionally add an image (JPEG only)