月別アーカイブ: 2014年4月

二葉山平和塔(通称:仏舎利塔)

ホテルから車で10分にある二葉山平和塔へ行ってきました。

歩いて上がる方もいますが、急な坂や標高139mもあるので車で行かれることをおすすめします。

この日は高校生が息を切らしながら上がっていました。

この広島市二葉山平和塔は、人類の幸福と戦争のない世界の恒久平和を念願し、史上最初の原子爆弾の犠牲者二十数万の冥福を祈り、平和の聖者釈尊の御真骨を奉祀して建立されたものであります。昭和29年4月、日本山妙法寺山主藤井日達聖人により地鎮祭が行われましたが、その後、12年を経て昭和40年、地元の開拓団の方々が、各自の土地の一部を売却して建設資金をつくり、日本山妙法寺や有志の協力により完成し、昭和41年8月5日に落慶式と広島市への寄贈式が行われました。党内にはインドのネール首相より贈られた仏舎利が一粒、モンゴル仏教徒やセイロン国(現スリランカ国)より贈られた各一粒も併せて奉安されています。正面の仏像は昭和41年5月、セイロン国から贈られたものです。また県市民の平和の願いをこめた祈念石数万個も収納されています。なお、標高139mの山頂のこの地は、半地下式の大型高射砲四門がすえられていたところです。

案内文

DSC_0068 DSC_0069 DSC_0071

天気が良い日は宮島や江田島まで見えるそうです。

DSC_0074 DSC_0075

セイロンから贈られた仏像、1966年(昭和41年)5月27日に平和塔に安置されました。

DSC_0072 DSC_0073 DSC_0067

あいにくの曇り空だったので遠くまで見えませんでしたが、天気の良い日・車で行ける日を狙って行ってみてください。夜景もすごく綺麗です。

平和を祈ろう!!

投稿者 支配人 佐藤

店・スポット名 二葉山平和塔(通称:仏舎利塔)
カテゴリー 観光名所
ジャンル
エリア 広島市東区
住所 広島市東区光が丘1
電話番号
営業時間
URL

大きな地図で見る

ベスト電器 家電

広島駅南口から徒歩10分にあるベスト電器を紹介します。

広島駅近辺では一番大きな家電量販店です。

DSC_0076

以前は1F~6Fまですべてベスト電器で家電を販売しておりましたが、現在は様々なSHOPが入っている施設になりました。

1F~2F:ベスト電器(家電販売)

1F:飲食店(マクドナルド・Coco壱番屋・徳川)・ダイソー(100円ショップ)

3F:しまむら(衣類販売)

4F~6F:太陽家具(家具販売)

DSC_0077 DSC_0078

駐車場もありますので、車で行ってもよしです。

もう少し周りにお店があれば活性するのでしょうが、なかなか難しいようです。

広島駅から徒歩で行くには少し遠いし、広島市街地へ行くとヤマダ電機・エディオン本店があるので色々と難題はあるとは思いますが、広島駅近郊で数少ない家電量販店なので頑張ってほしいです。

投稿者 支配人 佐藤

店・スポット名 ベスト電器 家電
カテゴリー 買い物
ジャンル
エリア 広島市南区
住所 広島市南区西蟹屋1-1-7
電話番号 082-567-8000
営業時間 10:00〜20:00
URL http://www.bestdenki.ne.jp/hiroshima_renewal

大きな地図で見る

東京ちからめし 牛丼

今話題の(良いも悪いも)東京ちからめしに仕事終わりに寄りました。

今年、大幅に直営店を売却した東京ちからめしですが、中国地方では広島しかなく前から行ってみたかったので行ってきました。

繁華街にあるので、吉野家・すき家・松家があるので激戦区でがんばっています。

Vimi_20140319_002742

焼き牛丼並と味噌汁を注文すると、あっという間に到着。

Vimi_20140319_003350

他の牛丼とは違い、肉が広くて大きいので食べごたえがあります。

メニューには定食や他の丼もあるので、数回行っても飽きないかも。。。(#^.^#)

肉の油が気になる方は敬遠されるかもしれませんね。

 

投稿者 フロント係 岡田

店・スポット名 東京ちからめし 牛丼
カテゴリー 広島市中区
ジャンル
エリア エリア
住所 広島県広島市中区三川町2-1
電話番号 082-569-8003
営業時間 10:00〜翌6:00
URL http://www.sankofoods.com/shop/chikara/

大きな地図で見る

妖怪伝説巡りコース(稲生物怪録)

暖かくなりましたね~。バイク通勤も苦にならない季節になりました(*^^)v

さて、本日は私も初めての『妖怪伝説巡り(稲生物怪録)』をご紹介します。実は広島駅付近の観光コースを調べていたら妖怪巡りというキーワードをちょいちょい見つけており、興味はありましたがコースを見てみると結構距離があったので敬遠していましたm(__)m

まずは『稲生物怪録』(いのうもののけろく、いのうぶっかいろく)は、江戸時代中期の寛延2年(西暦1749年)に、備後三次藩(現在の広島県三次市)藩士の稲生武太夫(幼名・平太郎)が体験したという、妖怪にまつわる怪異をとりまとめた物語。

著者は柏生甫であり、当時16歳であった実在の三次藩士、稲生平太郎が寛延2年7月の1ヶ月間に体験したという怪異を、そのまま筆記したと伝えられている。あらすじは、肝試しにより妖怪の怒りをかった平太郎の屋敷にさまざまな化け物が30日間連続出没するが、平太郎はこれをことごとく退け、最後には魔王のひとり山本五郎左衛門から勇気を称えられ木槌を与えられる、というものである。平太郎の子孫は現在も広島市に在住、前述の木槌も國前寺に実在し、『稲生物怪録』の原本も当家に伝えられているとされる。現在は、三次市教育委員会が預かり、歴史民俗資料館にて管理している。稲生武太夫の墓所は広島市中区の本照寺にある。(Wikipediaより

このコースは歩いていくのではなく、レンタサイクルを借りことをオススメいたします。

それではいってみましょう♪

ホテルから徒歩で10分にある國前寺(こくぜんじ)です。國前寺については七福神めぐりでも紹介しましたが、妖怪退治で有名な“稲生武太夫化物語”の主人公・稲生武太夫(幼名・平太郎)は、妖怪の大将・山本五郎左衛門からもらった木槌を広島浅野藩の菩提寺である國前寺に預け、以来、寺宝となったとされています。※画像はありません。

DSC_0008 DSC_0012 DSC_0015

2番目はホテルから徒歩で行くと15分、路面電車で行く場合は「広島駅」~「的場町」電停下車から徒歩4分で河童登場です。(大正橋付近)

河童伝説:広島県では、河童をえんこうと呼んでいた地域が多く、中国四国の各県や福岡県、大分県も同様です。いずれも室町時代まで大陸との交流が盛んであった地域であり、漢字表記が”猿猴”であることから、語源が大陸渡来と言われています。これら地域のえんこうにまつわる民話は千差万別ですが、その容姿等には多くの共通点があります。背は子供並みで、手は長く猿に似ており、頭上に水皿を持つものもいます。一般に力持ちで相撲好き、いたずら好きで水辺につないだ馬を引っぱるとの言い伝えもあります。金物が嫌なこと、人に化けたり人を溺れさせたりするのですが、たまには人助けすること、また、間抜けなところもあってにくめない存在で、鬼のように嫌われるだけの存在ではないようです。

毎年9月に河童まつりが催されており注目されているそうです。

河童のマスコットの他、説明文や原爆記念碑があります。

DSC_0070 DSC_0071 DSC_0072 DSC_0074

河童のマスコットと猿猴橋は距離があります。猿猴橋の画像はこちら

猿猴橋は広島市管理の現存する橋梁のなかでは市内最古。被爆橋梁の一つです。DSC_0053DSC_0054

最後の妖怪巡りは河童から徒歩で15分です。

路面電車で行く場合は、「的場町」乗車「稲荷町」下車すぐです。(広島駅から乗る場合は、5番以外に乗車して稲荷町で下車してください)

稲生神社は豊受大神や大國主命と併せて稲生武太夫を御祭神として祭っている。町名と違う理由は諸説あり定かではありません。17世紀初頭に創建されたが原爆で全て焼け、再建されました。後にビルの建設で、当初の位置より少し東寄りに再々建されている。昨今の妖怪ブームで前述の荒俣宏や京極夏彦、水木しげるも調査に訪れています。

DSC_0055 DSC_0057 DSC_0058 DSC_0059 DSC_0060 DSC_0061 DSC_0062 DSC_0064 DSC_0065 DSC_0066 DSC_0067 DSC_0068 DSC_0069

私は、自転車で廻りましたが広島駅→河童→稲生神社の順30分強で廻れました。広島駅周辺の散策や先日紹介した、七福神めぐりは自転車でゆっくり廻られたほうがいいかもしれません。

稲生神社は路面電車からは見ていましたが、上記のように妖怪伝説や著名人が訪れるスポットとは知りませんでした。う~ん、勉強不足ですm(__)m

私もまだまだ知らない観光スポットを探してお伝えできればと思います(#^.^#)

 

投稿者 支配人 佐藤

店・スポット名 妖怪伝説巡りコース(稲生物怪録)
カテゴリー 観光名所
ジャンル
エリア 広島市安佐南区
住所 広島市南区稲荷町2-12(稲生神社)
電話番号
営業時間
URL

大きな地図で見る

袋町公園 桜名所

桜ももう散り、日に日に暖かくなってきました。
4月初めにお客さんの所へ行く途中時間が少し早かったため寄ってみました。
見事な桜・桜・桜 満開でした!

この時は、平日お昼時間のためパラパラとお花見昼食のOLさんたちや
ご近所のお子様・赤ちゃん連れのママさんたちも春の陽気にお話が弾んでいた
ようです。
公園ですが、広島市中心のショッピング街付近にありながら「ほっ」とスペース
のように感じました。

また、公園に隣接するハイクラスのスモーキングスペースもありました!
分煙ですか?素晴らしい!JTさん。

街中でも、のんびりできる場所見つけました。 
これを見たみなさん、来年桜の咲くころご覧になると良いかもです!!

投稿者 100K

店・スポット名 袋町公園 桜名所
カテゴリー 観光名所
ジャンル
エリア 広島市中区
住所 広島市中区袋町 エンジェルパルテ前(旧並木パラスト)
電話番号 *
営業時間
URL

グランアークテラス 商業施設

ホテルから徒歩3分にあるグランアークテラスを紹介します。DSC_0062

グランアークテラスは2010年4月に完成しました。完成当時は商業施設に1Fマックスバリュ・2Fわたみ・お好み焼き店・JTBしか入っていないにも関わらずOPENしました。

現在はすべてのSHOPにテナントが入っています。

DSC_0054 DSC_0081

この施設はシェラトンホテルと連結しており広島駅から専用通路を通って行けます(シェラトンホテルからは雨が降っていても濡れないように屋根があります)

DSC_0063

1Fはマックスバリュ(スーパー)が入っています。開店は6:00から閉店は24:00と朝早く、夜遅くまでOPENしているので便利です。ちょっとした薬も売っているので薬局に行かなくてもいいかも。。

購入した商品を店内で飲食できるスペースがあるのでご利用ください。

DSC_0082 DSC_0084

入口には宝くじ売り場もあります♪ 行った時は閉まっていましたm(__)m

DSC_0086

広島銀行もあります。土・日曜日も窓口が開いています(金銭取扱は月~金のみ)

さて、2Fに行ってみましょう!(^^)!

完成当日からやっているわたみん家:居酒屋(無休・16:00~翌5:00)

DSC_0071

焼き肉店:やきやき亭(火曜日休み・11:00~14:00 17:00~23:00(L.O22:30)

広島に数店舗あるお店です。ランチは安いが量と質は間違いなし。

DSC_0072

これまた完成当日からあるお好み焼き:8989※ぱくぱくと読みます。

(日曜日休み・11:00~24:00(L.O23:30)

DSC_0069

広島でも有名なとんこつ系ラーメン:我馬(がば) (11:00~翌2:00 日曜祝日は24:00まで)

DSC_0075

居酒屋(チェーン店):華の舞(17:00~24:00 金・土翌2:00まで)

DSC_0076

先日紹介しました中華料理店:三国団(11:00~14:30 17:00~24:00)

DSC_0077

創作鳥料理 居酒屋 鶏三昧(17:00~24:00)

DSC_0078

馬肉が食べられる居酒屋:えんや(17:00~24:00)

DSC_0079

2Fはずらりと飲食店が並んでいます。

DSC_0080DSC_0074

3Fはクリニック関係です。

エレベーターがあるのでご利用ください。

DSC_0083 DSC_0067

さて、専用通路で道路を見たら、開発が進んでいるのと道路が広いのに渋滞するんだな~と改めて思いました。(この日は日曜日だったので空いています)

西側(広島駅側)

DSC_0064

東側

DSC_0065

通路を見ていたらホテルの看板を発見しました。(ホテルの後ろの大きな看板にかき消されていますが、確認できました)さて見つけてください!!!

DSC_0066

いい発見をした所で、広島駅周辺でスーパーや飲食店を探すのならグランアークテラスへどうぞ

チェーン店でもOKという方はおすすめな施設となっております。

投稿者 支配人 佐藤

店・スポット名 グランアークテラス 商業施設
カテゴリー 買い物
ジャンル
エリア 広島市東区
住所 広島市東区若草町11-2
電話番号
営業時間
URL

大きな地図で見る

不動院 国宝

広島駅(南口)からバスで15分にある不動院へ行ってきました。

不動院とは、現在の不動院の地に、最初に寺院が建てられた時期は明らかではありませんが、金堂内に安置されている薬師如来坐像などから、平安時代の終わり頃には、すでに寺が存在していたと考えられています。その後南北朝時代には、足利氏が全国に置いた安国寺のひとつとされ、守護武田氏の保護のもとで栄えましたが、武田氏の滅亡とともに衰えます。これを再興したのが恵瓊であり、毛利氏の使僧として活躍し、豊臣秀吉からも厚い信任を得ていた彼は、その力を背景に安国寺の建て直しを行い、中央の大社寺にもひけをとらない大寺としました。恵瓊亡きあとの安国寺には、福島正則の祈祷師であった宥珍が入り、この時に寺の名を不動院としたと伝えられています。
不動院には、国宝である金堂など数多くの文化財が所在しています。

不動院へのアクセスは広島駅南口から高陽線のバスに乗り、不動院で下車してください。

最初にあります楼門に圧倒されます。

DSC_0005 DSC_0041 DSC_0021

楼門の周りに案内があります。

DSC_0001 DSC_0002 DSC_0003 DSC_0004 DSC_0007 DSC_0008 DSC_0009 DSC_0037

文化財が沢山ありますのでご紹介します。

金堂:国宝

鐘楼:国重要文化財

梵鐘:国重要文化財

薬師如来座像:国重要文化財

木造仁王立像:県重要文化財

紙本墨書不動院文書:県重要文化財

まずは楼門にある仁王像がお出迎え

DSC_0014 DSC_0013 DSC_0012 DSC_0011

楼門をくぐると金堂が見えます(工事中なので全体が見えません)

大内義隆が周防山口に建てたものを安国寺恵瓊が移建し、仏殿にしたと伝えられています。

現存する唐様の建築としては最大の遺構であり、中世の本格的な仏殿の規模をうかがうことが出来ます。

正面一間通りを吹き放しとした珍しい構造は、大陸的な正式の手法と考えられます。

DSC_0017 DSC_0026 DSC_0034

金堂の右にある鐘楼堂(永亨五年(1433)に建立されたもので、内部には高麗鐘があります)

DSC_0025 DSC_0027

金堂と鐘楼の間を進むと不動堂があります。

DSC_0029 DSC_0033 DSC_0028

他にも境内には様々な建物や像があります。

DSC_0032 DSC_0030 DSC_0031 DSC_0023 DSC_0024 DSC_0019 DSC_0018

これだけ沢山の重要文化財を見れるのは不動院だけ、現在保存修理工事をしているので全体が見えませんが、大きさ・造りはご覧いただけます。

駐車場もあるので車でも行けます。

若干、わかりにくい所にあるのでナビもしくはスマホ地図を活用しながら行ってください。(初めて行った時、結構迷いました)

投稿者 支配人 佐藤

店・スポット名 不動院 国宝
カテゴリー 観光名所
ジャンル
エリア 広島市東区
住所 広島市東区牛田新町3-4-9
電話番号 082-221-6923
営業時間
URL http://www.megaegg.ne.jp/~fudouin/index.html

大きな地図で見る

みっちゃん(雅) お好み焼き

そごう広島店本館10階に鉄板焼き専門店として「お好み焼 みっちゃん総本店 雅」が昨年オープンしたんよ。

地元に愛されてきた元祖お好み焼はもちろん、厳選された瀬戸内の旬の食材を創作鉄板焼きで楽しめるお店になるんよ。

gaikan

うまひろくんも行ってきました~。

tennai

店内はスタイリッシュな空間で雰囲気がとってもいいよ~。

tennai2

カウンターでは巨大鉄板があって、目の前で調理が見れるのでオススメかも~。

ryouri

「Miyabiコース」の前菜。手の込んだ創作料理。広島の有機野菜が使われとるんよ。

ryouri2

こちらは「お好みランチ」の前菜。

ryouri3

「Miyabiランチ」メインはお肉とお魚を選べるのでうまひろくんはお魚にしてみたよ。本日のお魚はサワラだったよ。 身がしっかりしていて美味しいよ。

食後にはデザートも付いてるよ。

ryouri4

「お好みランチ」のメイン、広島の元祖お好み焼きはねぎがたっぷり!

店内の雰囲気の良さとスタッフさんの笑顔で料理もさらに美味しく頂けたよ。

tennai3

お店の奥には鉄板付きの個室もあるよ。

夜は瀬戸内の新鮮魚介やお肉料理が充実しているので、ぜひ寄ってみて~。

投稿者 うまひろくん

店・スポット名 みっちゃん(雅) お好み焼き
カテゴリー 飲食店
ジャンル
エリア 広島市中区
住所 広島市中区基町6-27 広島そごう店 本館10F レストラン街
電話番号 082-225-7263
営業時間 11:00~22:00
URL http://umahiro.jp/pc/shop/?tenpo=51

大きな地図で見る

みっちゃん お好み焼き

広島駅新幹線口 名店街にあるみっちゃんへ行ってきました。

広島で1番有名なお店だと思います。

お昼や夕食時間に行くと長蛇の列なので、時間をずらして行けば待たなくても食べれます。

麺はホテルから徒歩10分にある磯野製麺を使用しています。もちもちの麺です♪

広島お好み焼きの鉄板や木ヘラ・お好みソースの誕生といった現在の広島焼きを誕生させたといっても過言ではありません。

詳しくはみっちゃんHPをご覧ください。

メニューも色々とあります。

Vimi_20140320_161335 Vimi_20140320_161358 Vimi_20140320_161424 Vimi_20140320_161456 Vimi_20140320_161513 Vimi_20140320_161531 Vimi_20140320_161548

広島の人は、トッピングをあまり入れません。ネギとかチーズとかは聞きますが。。。私はトッピングはしないので肉玉ソバを注文!

出てくるのが早い!通常、お好み焼きは15分前後で出てきますが、10分掛からなかったのでは?

では登場

Vimi_20140320_161848

大きな鉄板の前にはイキイキと働く、職人がいますキャベツを切っているのを見ましたが、芸術です。力を入れず包丁の重みだけで切っているように見えました。

Vimi_20140320_162755

麺にソースを掛けて蒸していないので、あっさりと食べれます。最初から味を濃くしていないので調整ができ美味しくいただきました。

店外の画像はこちら

Vimi_20140320_163019

投稿者 支配人 佐藤

店・スポット名 みっちゃん お好み焼き
カテゴリー 飲食店
ジャンル
エリア 広島市南区
住所 広島市南区松原1-2
電話番号 11:00~21:00
営業時間 082-263-2217
URL http://www.okonomi.co.jp/index.html

大きな地図で見る

縮景園 回遊式庭園

先日、中区にある縮景園(しゅっけいえん)に行ってきました。

桜が満開とのことでウキウキ♪

縮景園とは、広島藩主浅野長晟(ながあきら)が、元和(げんな)6年(1620)から別邸の庭園として築成されたもので、作庭者は茶人として知られる家老の上田宗箇である。

園の名称は、幾多の景勝を聚め縮めて表現したことによるが、中国杭州の西湖を模して縮景したとも伝えられている。園の中央に濯纓池(たくえいち)を掘って大小10余の島を浮かべ、周囲に山を築き、渓谷、橋、茶室、四阿(あずまや)などが巧妙に配置され、それをつなぐ園路によって回遊できるようになっている。

この種の庭園は、回遊式庭園と称され、室町時代にその萌芽(ほうが)がみられ、江戸時代初期に最盛期を迎えた形式で諸大名の大庭園の多くはこれに属する。

池の中央にかけられた跨虹橋(ここうきょう)は、七代藩主重晟(しげあきら)が京都の名工に二度も築きなおさせたものといわれ、東京小石川後楽園の円月橋や京都修学院離宮の千歳橋にも似た大胆奇抜な手法が駆使されている。

清風館は庭園のほぼ中央にあり、庭園にふさわしい数寄屋造りで、屋根はこけら葺きである。西側は優雅な書院造りの様式をそなえており、東側には花頭窓を設け跨虹橋を臨んでいる。

昭和15年(1940)浅野家から広島県に寄付され、同年7月12日国の名勝に指定された。昭和20年(1945)原爆によって壊滅状態になったが、県教育委員会は、戦災前の景観に復すべく整備をすすめ、清風館、明月亭などの亭館も復元した。

さて、入口右に入園券販売所があるので、入園券を購入します。

DSC_0068 DSC_0070

4月から消費税が上がったので画像のように少し高くなりましたm(__)m

門周りには縮景園の案内図や歴史について書かれてあります。

DSC_0001 DSC_0002 DSC_0072

入ってすぐに桜・桜・桜~この日は風が強かったので桜が舞っていました。きれいです。

DSC_0003 DSC_0006 DSC_0008

さらに進むと、樹齢300年の大ソテツがあります。

DSC_0011

進むと、濯纓池(たくえいち)が広がっています。島には亀も・・・

DSC_0061 DSC_0056 DSC_0013 DSC_0014 DSC_0041 DSC_0042 DSC_0051

濯纓池の周りを歩くと、まず看花搨(かんかとう)があります。

DSC_0028 DSC_0027

悠々亭もあります。

DSC_0039 DSC_0023 DSC_0038

濯纓池の周りには慰霊碑やさまざまな建物があります。

DSC_0045 DSC_0044 DSC_0034 DSC_0033 DSC_0031 DSC_0030 DSC_0050 DSC_0049 DSC_0053 DSC_0054

後半になって雨が降ってきました。結構な雨なので、桜が散るんだろうな~と思いつつ雨宿り。

小雨になってきたので、進むと原爆にも耐えた跨虹橋(ここうきょう)があります。

この跨虹橋(ここうきょう)は濯纓池(たくえいち)を二分する形で配された花崗岩(かこうがん)製の橋で、天明三年(1783年)清水七郎右衛門により現在の形になったといわれています。
東京後楽園の円月橋や京都修学院離宮の千歳橋にも匹敵し、「縮景園」を象徴する名橋です。

DSC_0059 DSC_0057 DSC_0058

庭園や木々を見て回ると癒されます。歩いていると園内に座るところがあるので、座って園を見渡すと、高台があったり、通ってきた道を振り返ると違った風景が見えたりします。元の道へ戻って先程座っていた所を見ると、周りの木々に囲まれて良い景観です。

喫茶店の周りにも流川があります。(昔は八丁堀に川が通っていたので流川という地名になったそうです)

DSC_0063 DSC_0062

桜を見ながらお食事もできるところがGood!

DSC_0065 DSC_0066 DSC_0064

駐車場も完備しているので、車で行かれる方も安心です。

DSC_0075

いやはや2度目の縮景園でしたが、癒されますね。

途中、木を選定されているかたがいらっしゃったので、日々手入れをしなければ広い庭園を綺麗に維持できないと一生懸命、綺麗にされていました。

アクセスは広島駅から路面電車にて八丁堀駅で白島線に乗り換え、縮景園前で下車後、東へ進んでください(八丁堀駅から北へ歩かれても7分程度です)

投稿者 支配人 佐藤

店・スポット名 縮景園 回遊式庭園
カテゴリー 観光名所
ジャンル
エリア 広島市中区
住所 広島市中区上幟町2-11
電話番号 082-221-3620
営業時間 9:00~18:00
URL http://shukkeien.jp/

大きな地図で見る